カクトウギスクエアグローズスモール

インタークラブVの結果

日曜日に行われたドイツトップチームによる第5回クラブ対抗戦は、まさに圧巻でした。8時間の間に122試合という驚異的な試合が行われ、2回の特別なスーパーファイトでは、「DEEP Jewels」アマゾンのタニヤ・アンゲラーが2回リングに上がりました。今回初めて、スイスのイタリア語圏にあるグレイシー柔術ネットワーク・ヨーロッパからの選手も参加し、130名近いエントリーがあり、これまでの参加者数の記録を軽々と更新していました。

柔術(着物あり)でもルタ・リーブル(着物なし)でも、試合はエキサイティングで、技術的にも非常に厳しいものでした。中には10戦以上完走した選手もいます。トップファイターはロイトリンゲン士道館の世界チャンピオンでプロシューターのスヴェン・フォーテンバッハさんで、合計13試合を戦わなければなりませんでした。このように、ドイツトップチームのIC大会は、参加者に多くの経験を提供し、より大きな大会に向けた準備を巧みに行うことができるのです。

Tanja AngererはGTT NRWのIsabel Thelenとサブミッションオンリーで5分以上の柔術スーパーファイトを繰り広げました。気合の入ったイザベルは、白帯として茶帯と対戦し、すべてを出し切ったものの、降参という形で負けを認めざるを得ませんでした。 さらにスーパーファイト「Jewels vs. Shooto」では、シュートジャパンのベテラン、マーカス・ヘルドと10分間のサブミッション・オンリー・マッチを行い、ロイトリンゲンの強豪がキムラで勝利している。

参加校は、ドイツ・スイス各地から集まった14の提携・友好チームのファイターがスタート地点に立ち、今回もICトーナメントに熱中していた。

また、今回初めて、最優秀チーム「ベストパック」と最優秀サブミッションファイター「サブミッションマシン」の特別トロフィーが授与されました。最も活躍したのはやはりドイツトップチームHQ(ロイトリンゲン)、次いでチーム・ルイス・パルハレス(ケンプテン)、ドイツトップチームNRW(ケルケン)の順となった。チーム・インパクト・シュツットガルトのアルビアス・クーチは、BJJとLuta Livreの優れたパフォーマンスにより、9試合すべてをサブミッションで早々に終わらせ、同階級とアブソリュートクラスを制しました。シュトゥットガルト出身者の印象的なパフォーマンス!

結果 ドイツトップチームクラブ対抗戦V

次回のICトーナメントの日程はすでに決まっている。4月21日のイースター・サンデーに、ロイトリンゲンで第6回目の人気大会が開催されます。

登録 ドイツトップチームクラブ対抗戦VI

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る
カクトウギ 格闘技 - 格闘技ネットワーク 私たちは、このサイトのニュースやアップデートのお知らせをお送りします。
解散
通知を許可する