カクトウギスクエアグローズスモール

全員集合ジュディス・ルイス

ジャーマントップチームとその提携校は、女性ファイターにとって良い「温床」になっているようです。これから、チームの優秀な女子選手を紹介し、ファイターたちの活躍を紹介したいと思います。

彼女は根っからのファイターで、MMAプロファイター、MMAヨーロッパチャンピオンISKA、ADCCドイツチャンピオン、NAGAドイツチャンピオン、ジャーマングラップリングリーグDGLの複数チャンピオンなどなど、成功を収めています。ジュディス・ルイス(ブドケラー・ボンランデン)の活躍を挙げればきりがないほどである。最近ドイツのプロMMAで戦った現役女性41人のうち、彼女は『Tapology』による「Pound for Pound」ランキングで7位にランクインしている。

元祖キックボクサーであり、ドイツの複数のチャンピオンである彼女が初めてジャーマントップチームと接触したのは、2013年、「知る」ためには選ばないかもしれない方法だった--すなわち、悪名高い士道館トライアスロンのヨーロッパタイトル戦で、クリスティン "般若 "アンゲラーの相手としてだった。ジュディスはポイントで敗れたものの、彼女のタフネス、態度、ファイティング・スピリットは皆に感銘を与え、数年にわたりシュートでのトーナメントや試合を通じてお互いをよりよく知り、評価するようになりました。ジュディスは、ロイトリンゲンのジャーマントップチーム本部でトレーニングを行うことが多くなり、また、今後のプロファイトのための試合準備も手伝ってくれるようになりました。ヘッドコーチのペーター・アンゲラーは、ジュディスの規律正しく、非常にプロフェッショナルなトレーニング方法に感銘を受け、ジュディスを日本の女子MMAリーグ「Deep Jewels」に派遣するよう働きかけました。あとは歴史が証明しています。わずかな期間で、ジュディスは東京での共同メインイベントで世界ランキング1位と対戦し、国際レベルでもフェザー級で強い女性の一人であることを強いパフォーマンスで示すことができたのです。

先週行われた「SHOOTO KINGS」でも多くの観客の前で勝利を収め、日本でのプロフェッショナルファイトへの道を切り開いた。そして今日、この大成功からわずか1週間後、ジュディスはドイツ最大のグラップリングトーナメントで戦い、リンブルフのNAGAで女子アブソリュートクラスのタイトルを獲得したのです!

"未来は輝いている...!"という言葉があるように。

フェイスブック
ツイッター
ja日本語
トップページに戻る
カクトウギ 格闘技 - 格闘技ネットワーク 私たちは、このサイトのニュースやアップデートのお知らせをお送りします。
解散
通知を許可する